2016.01.01★アンチエイジングNEWS★1月の冷えた身体を温めてくれるお茶のご紹介♦謹賀新年♦

2016年がスタートしました!。
今年も皆様にとって素敵な一年となりますよう心よりお祈りしております
本年もどうぞ宜しくお願い致します。
暖冬と言われておりますが、冬本番、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
今回はこの時期にぴったりの身体を温めてくれるお茶についてご紹介致します♪
 
お茶には「体を温めるお茶」と「冷やすお茶」があることをご存知ですか?発酵させていないお茶は体を冷やし、発酵させたお茶は体を温めると言われています。
例えば緑茶などツバキ科のお茶の木からとれるものは体を冷やしますが、その茶葉を酸化発酵させると体を温めてくれます。つまり、酸化発酵させることで性質は変わるのです。
簡単な見分け方としては緑茶のように色味の薄いものが発酵していないお茶、紅茶のように色味の濃いものが発酵しているお茶です。
寒い日は体を温めるお茶でティータイムを楽しみましょう!
———————————————————————————————————————————————————————
 

~体を温めるドリンク♪~
 
☆かりん茶
かりんには「カリンポリフェノール」という成分が含まれ、喉の炎症、喘息の咳止めなどに効果があるといわれています。他にも、冷え症の改善にも有効的です。
 
☆しょうが紅茶                                        
利尿作用のある紅茶と殺菌や温める効果のある生姜を合わせています。
冷え症の改善、発汗作用、美肌効果があります。
 
☆ローズマリー茶 
香りが記憶力、集中力を高めてくれます。また、冷え症の改善、低血圧、便秘などに効果的です。
体内の酸化を防ぎ老化予防も期待できるため、「若返りのハーブ」といわれています。
 
☆ゆず茶                                             
韓国で昔から飲まれてきたゆず茶。ゆずにはレモンの3~5倍のビタミンCが含まれています。
ビタミンCたっぷりのゆず茶には、血液の循環を促進させて冷え症の改善や、風邪、美肌効果、アレルギー性鼻炎にも効果があるといわれています。
 
☆よもぎ茶
日本で古くから親しまれてきた健康茶です。
ヨモギの成分は人間の血液成分のヘモグロビンと分子構造がよく似ていることから、きれいでサラサラな血液を作り、末梢血管を拡張して血液が体の隅々まで行き届くようにする作用があるそうです。
また、クロロフィル(葉緑素)が多く含まれているので、浄血や殺菌効果もあります。冷え症の改善や高血圧、神経痛、腰痛、胸やけ、便秘、食欲増進などに効果があるといわれています。
 

~美味しい飲み方♪~
☆カモミール白ワイン
白ワインを鍋で沸騰させ、カモミールティーに沸騰したワインを注ぎます。
レモンやスパイスをお好みで入れていただくと一層風味豊かな味わいに。
 
☆ウーロンチャイ
ウーロン茶を濃いめに煮出し、牛乳を加えて沸騰直前まで加熱します。
カップに注ぎシナモンパウダーをふり、お好みで砂糖を入れて混ぜます。
———————————————————————————————————————————————————————
 
≪今月のアンチエイジングワード≫・・・・・免疫力UP・感染症予防
 
加齢とともに免疫力は低下しさまざまな症状を引き起こします。睡眠や栄養、休息をしっかりとり自己免疫を高めておくことが大切です。
免疫が下がりやすいこの時期はハーブを取り入れてみてはいかがでしょうか?
「ビラセラCF」は、キク科の植物「エキネシア」の抽出エキスを含んでおり風邪予防・身体の抵抗力を高める目的で人気のハーブです。
「ウインターハーブ」とも呼ばれ、寒い季節の体調管理をサポートします。
風邪やインフルエンザ予防には、流行りはじめる前から摂ることにより、症状が出ても軽い症状ですむことが多いようです。
ビラセラCFを活用して寒い冬を元気に乗り切りましょう!!
 
 
ビラセラCF   60カプセル 3,456円  
夕食後 2カプセル(1週間服用後、1週間休薬)
今月担当コンシェルジュ 井上

ご予約・お問い合わせ

お電話でのご予約・お問い合わせもおこなっております。お気軽にご連絡ください。

03-5250-7333 日・月曜休診 (10:00~19:00 / 水曜日 13:00~19:00)