薄毛の種類

女性の薄毛・抜け毛にはいくつかのタイプがあります。

女性の脱毛症

発毛治療は「保存的療法」といって、外科的療法ではなく、体内(生理活性物質)に作用する薬剤を経口投与したり、外用薬を塗布したりして治療をするものです。

1.びまん性脱毛症

女性の薄毛でもっとも多いタイプの脱毛症です。生え際から後退するのではなく、頭髪全体が薄くなり、脱毛部分の境界がはっきりしないのが特徴です。

びまん性脱毛症は更年期前後によく見られ、女性ホルモンの急激な減少やストレス、極端なダイエット、誤ったヘアケアなど様々な原因が絡み合っています。

2.女性男性型脱毛症(FAGA)

女性にも男性型脱毛症の症状が起こりえます。

年齢が上がるにつれて女性ホルモンが減少し、男性ホルモンの影響を受けることで男性型脱毛症の症状が起こります。5αリダクターゼによるジヒドロテストステロン産生が脱毛の原因です。

3.分娩後脱毛症

分娩が終わると抜け毛が多くなります。

妊娠後期には女性ホルモンが増加するため、抜け毛が減少します。妊娠によりヘアサイクルの成長期が延長した状態が続きます。しかし、分娩を終えるとホルモンバランスが元通りになり、成長期を維持してきた毛髪が一斉に休止期に入ってしまうため抜け毛が多くなります。
これは通常、半年から1年ほどで自然回復しますが、高齢出産などで体力の回復が遅い場合は自然回復しにくいと言われています。

4.牽引性脱毛症

強く引っ張られていた髪の生え際や分け目の毛が、細くなったり切れやすくなるなどして地肌が透けて見えるようになってしまいます。

髪の毛を結わうなど、頭髪が継続して過度に引っ張られることで起こります。
特にポニーテールや三つ編みなどで長期にわたって引っ張られる状態が続くヘアスタイルは頭皮に負担のかからない髪形に変えることをオススメします。

5.円形脱毛症

ある日突然、何の前触れもなく一気に髪が抜けるのが円形脱毛症です。脱毛するのは1か所だったり数か所だったり、頭髪だけでなく全身の毛が全て抜けてしまうこともあります。

免疫機能を担うリンパ球の働きの異常によって起きる「自己免疫疾患」と考えられています。発症のきっかけは、ストレスやアレルギー疾患などといわれていますが、科学的な根拠はないのが現状です。

ご予約・お問い合わせ

エイジングによるお悩みは様々です。検査の診断結果から、アンチエイジング専門ドクターが今のあなたに必要な治療メニューをご提案いたします。

女性専門頭髪外来 来院予約

03-5250-7333 日・月曜休診(10:00~19:00 / 水曜日 13:00~19:00)