Q & A(発毛治療について)

発毛治療についてのQ&Aをご紹介します。

発毛治療に関するよくある質問をご紹介します。

  • 発毛治療について
  • アンチエイジング治療について
  • AACクリニック銀座について

発毛治療について

女性特有の薄毛の原因はありますか。

ホルモンバランス、ストレス、睡眠不足、栄養不足、血流が悪い、皮膚疾患など女性の薄毛の原因は様々です。なかでも女性特有のものとして、出産後に半年~1年ほど抜け毛が続く分娩後脱毛症があります。

 

相談だけでも受け付けてもらえますか。

はい。医師の診察を受ける前に、専門のコンシェルジュによるカウンセリングを無料でおこなっております。

 

女性の薄毛治療はどのようなことをするのですか。

女性は髪全体がボリュームダウンする、びまん性脱毛症の方がほとんどです。当クリニックでは、基本的に内服薬と外用薬の併用による薄毛治療をおこなっております。

 

子供をつくる予定がありますが、治療は可能ですか。

当クリニックでは原則として挙児希望の方にお薬の処方はしておりませんが、ご相談に応じて生活習慣やヘアケアのアドバイス、サプリメントの提案等をさせていただいております。

 

海藻類を食べると髪によいのは本当ですか。

海藻類にはミネラルや食物繊維が豊富に含まれています。確かに身体にはよいものなのですが、海藻類ばかり食べるのは考えもの。髪を構成するケラチンの元となるたんぱく質も必要です。栄養バランスのよい食事を摂るよう心がけることが大切です。

 

髪のためにサプリメントは飲んだ方がよいのですか。

女性の薄毛の原因のひとつが栄養不足。栄養バランスを心がけた食事を摂ることが重要ですが、必要な栄養素を全て補おうと思うと、カロリー過多になってしまうことも。食事で補うことのできない栄養素をサプリメントで補給しましょう。

 

シャンプー後、ドライヤーを使うと髪が傷みませんか。自然乾燥のほうがいいのでしょうか。

髪が濡れた状態で長時間放置すると、頭皮や髪に雑菌がたまりやすく、臭いの原因にもなります。さらに、濡れた状態は髪のキューティクルが開いているので、髪の毛の一本一本がとても傷つきやすくなります。乾きにくい根元を中心に短時間でさっと乾かせばサラサラになり、まとまりもよくなります。ドライヤーは途中で冷風に切り替え、交互に温風・冷風にするとキューティクルが閉じツヤも出ますよ。

 

生活サイクルが不規則になりがちですが、髪に悪いのでしょうか。

心身を健康に保つための生活習慣は、髪の健康にも大切です。不規則な生活は、髪にも悪影響を及ぼしかねませんので一度見直し、正しい「食事」「睡眠」「運動」を日々の生活に取り入れてみましょう。

 

出産後、抜け毛がひどくて不安です。

個人差もありますが、出産後約半年から1年程で自然回復しますので、心配はいりません。ただし、高齢出産などで体力の回復が遅い場合は自然回復しにくいといわれていますので、あまりに戻りが悪いようでしたら、ホルモンチェックを含め、専門医の診察を受けてみるとよいでしょう。

 

ダイエットを繰り返していますが、髪に影響はありますか。

過剰なダイエットをすると、体は一時的に飢餓状態=栄養失調と同様の反応を示します。したがって、維持に不可欠な部分を優先し、髪への栄養供給が不十分になります。この結果、ツヤやハリ、コシが失われ、細毛化、脱毛などが進行してしまいます。たとえダイエット中であってもバランスの良い食事をとること、運動は日常的に取り入れることを念頭におき、減量はひと月あたり体重のマイナス5%以内にとどめて下さい。

 

薄毛治療で保険は適用されますか。

薄毛・抜け毛は病気として認められていないため、保険適用外の自由診療となります。

 
  • 発毛治療について
  • アンチエイジング治療について
  • AACクリニック銀座について

ご予約・お問い合わせ

お電話でのご予約・お問い合わせもおこなっております。お気軽にご連絡ください。

03-5250-7333 日・月曜休診 (10:00~19:00 / 水曜日 13:00~19:00)